いじめの要因とは

勤務先での対人関係で悩む人は多い傾向があり、一種の現代病の1つと言っても過言ではありません。
1つの職場内で個人的に苦手と感じる人や、価値観そのものが合わないなどを含めた同僚と、長時間仕事をするので精神的に堪えてしまう人が少なくないようです。ですが、決して馴染める環境ではないにしても、これだけで済んでいるのならまだ無難ともいえます。この状況が悪化した時には、いじめが起こってしまうケースがあるようです。
社会に出た1人の大人として仕事をしているにもかかわらず、なぜこのような問題が起きてしまうのでしょうか。まず、要因として挙げられるのが「能力面での個人差」です。もし、人間が複数人いれば当然性格の違いや得意・不得意なこと、能力などでも個人差があって当たり前です。なかでも、仕事をこなすスピードなどは速い人・遅い人のどちらもいますが、その差に不満があれば摩擦を起こしやすいともいえます。
また「職場の環境に適応できない」場合も、要因に繋がりやすくなっています。例えば、その職場が常に和気あいあいとしている環境なら、1人だけおとなしかったり、なかなか会話に参加できない人が、ターゲットとなる可能性があります。また、いじめの大半の要因が、仲良くなるために肝心な「コミュニケーションが足りない」ことです。もちろん社会人として挨拶は必要不可欠ですが、何かあった際のねぎらいの言葉や、普段の何気ない会話にしても足りないために、良くない印象を抱いてしまうものです。それが結果として受け入れてもらえず、いじめの引き金となる恐れがあるのです。